大日本産婆会総会並大会誌 全3巻

商品番号 S-0039
¥ 16,500 税込
助産師の歴史的資料としてきわめて貴重な書物が再版されます。

大妻女子大学 大出春江先生が研究代表者の「日本の出産文化の歴史的社会学的研究―リプロダクティブ・ヘルスと助産所の機能を中心に―」の2年間の研究成果の一つが形になりました。

昭和4年に開催された第2回大阪府大会から昭和18年開催の第16回熊本県大会までの14回分の大会紀要が収められた全3巻となっています。

大阪府助産師会、京都府助産師会、国立国会図書館、緒方洪庵記念財団が所有していたものから集められ、大日本産婆会の初期の歴史が、速記録で起こされた総会・大会記録を通して分かるようになっています。

貴重な歴史的資料なので、関心のある助産師はもちろん、都道府県助産師会、助産師教育機関の図書館、公的図書館等にお備えいただきたいと願っています。

書名:大日本産婆会総会並大会誌 全3巻

    代表研究者 大出春江 


◆仕様:A4判 表紙 布クロス 箱入り

◆ページ数: 全3巻 1045ページ

◆発行:日本助産師会出版  2020年12月18日刊行

◆ISBN:  978-4-905023-32-6

おすすめ商品

前へ

おまごのほん

通常販売価格 ¥ 1,430 のところ
¥ 1,430 税込
次へ